日本語 | English

ホーム > 企業情報 > コンプライアンスコード

企業情報

コンプライアンスコード

法規制および社会倫理の遵守
( 1 )国内外の法律、 規制、指導を遵守します。
( 2 )社会倫理規範を遵守します。
( 3 )社内規則およびその他のルールを遵守します。

2. 社会との関係

各種業法の遵守
事業活動を行う上での各種業法を確認の上、必要な許認可等の取得および届出等の手続きを確実に行います。
環境保全
製品の開発、製造、販売および廃棄においては、環境に関する条約・法令等を遵守します。また、各地域との協定書を遵守し、ISO-14001による環境保全を行います。
反社会的勢力との関係断絶
違法行為や反社会的行為に関わらないよう、基本的な法律知識、社会常識と正義感を持ち、常に良識ある行動に努めます。
輸出入関連法規の遵守
外国為替及び外国貿易法を遵守し、取引先の概要及び事業内容を確認し、武器・兵器および関連技術の輸出を行いません。また、貿易に関する法令・国際条約を遵守し、適切な輸出入手続きをとります。
個人情報保護
個人情報の保護に努め、業務以外の目的での収集や利用は行いません。

3.顧客、取引先、競争会社との関係

製品の安全性
製品の製造、開発、輸入、輸出、保管、販売、輸送にあたっては、常に安全性に留意し、法律、安全基準を遵守します。
独占禁止法の遵守
独占禁止法、諸外国の競争法を遵守し、私的独占や不当な取引制限を行いません。
購入先との適正取引、下請法の遵守
購入先との取引においては、良識と誠意をもって接し、公平かつ公正に扱います。
不正競争防止法の遵守
不正な手段により他社の営業秘密を取得・使用したり、他社の信用を損なうような営業活動を行いません。
知的財産権の遵守
製品に関する知的財産権を調査し、他社の知的財産権を侵害する事の無いように企画、製造、営業、販売活動を行います。
接待・贈答
顧客や取引先に対して、過剰な接待や贈答品の受贈等を行いません。

4.株主、投資家との関係

経営情報の開示
当社の財務内容、事業活動情報等の経営情報について、株主に的確な情報を開示します。
インサイダー取引の禁止
業務上知り得た情報を利用して、株式の売買をするようなことはしません。

5.社員との関係

人権尊重
基本的人権を尊重し、不当な差別や嫌がらせ行為は行いません。
セクシャルハラスメント・パワーハラスメント
相手に不快感を与えるような性的言動や行為、または他人に性的嫌がらせと誤解されるような行為は行いません。また、職場の地位を利用した嫌がらせ行為についても行いません。
職場の安全衛生
安全・衛生関連法規を遵守し、職場の安全管理と衛生的な環境整備に努めます。
労働関係法の遵守
労働基準法をはじめとする法律を遵守し、快適な労働環境の整備を行います。

6.会社・会社財産との関係

就業規則の遵守
就業規則を初めとする人事関係の諸規則を遵守し、不誠実な行為は行いません。
適正な会計処理
会計処理は監査法人の指導の元に適正に行います。
企業秘密の管理
企業秘密は適切に管理し、自社及び他社の情報の不当な使用・漏洩を行いません。
会社資産の適切な使用
会社資産を効率的に使用し、個人的な目的で使用しないよう適切に管理します。
情報システムの適切な使用
コンピュータシステム等の情報システムは業務のためにのみ使用し、情報の漏洩が無いようにします。
知的財産権の保護
会社の知的財産権は会社の重要な資産であり、適切な利用と権利の保護に努めます。

7.附則

本コードの適用範囲
本コードは、大八化学工業株式会社および関連会社の全てに適用し、派遣契約社員にも準用するものとします。
本コードの改廃
本コードの改廃については、取締役会の承認を得るものとします。
相談・申告窓口
総務部長が窓口となり、郵送・電話・メール等の方法により記名、無記名の相談を受け付けます。申告された相談内容はコンプライアンス委員長が管理し、必要に応じてコンプライアンス委員会にて対応を検討・実施すると共に、個人情報以外の部分については必要であれば公表します。なお、その際には報告者に不利益が生じ無いように配慮致します。
罰則
本コードに違反する行為をした者については、就業規則その他規定に基づいて処罰するものとします。

以上

ページトップへ戻る