日本語 | English

ホーム > 企業情報 > 沿革

企業情報

沿革

1919年 大正8年 大阪市道修町においてアルコールならびに
工業薬品問屋大八商店発足。
社名はこの年( 大正八年 )に因む。
1924年 大正13年 木材乾溜の酢酸石灰からの酢酸製造および酢酸エステル溶剤の製造を開始。
布施町( 現在の東大阪市 )に工場を建設。
1925年 大正14年 合資会社とする。
1935年 昭和10年 日本ではじめてフタル酸エステル系可塑剤、リン酸エステル系可塑剤の製造を開始( 国産化 )。
1937年 昭和12年 株式会社大八化学工業所を設立登記する。
1941年 昭和16年 航空機用塗料の特殊可塑剤の研究開発に成功。
1945年 昭和20年 戦後、可塑剤・溶剤を軸とするメーカーとして再出発。
1948年 昭和23年 バイオ技術で焼酎・乳酸の製造を開始( 3年後に中止 )。
1954年 昭和29年 昭和22年頃の蒸留缶はじめて高度真空蒸留缶を設置。
可塑剤の生産単位を大型化する。
( 写真:昭和22年頃の蒸留缶 )
1959年 昭和34年 日本初の可塑剤連続蒸留装置を完工。
1963年 昭和38年 寝屋川工場、操業開始。
1970年 昭和45年 可塑剤から難燃剤・金属抽出剤へ展開を開始。
1975年 昭和50年 半田工場、操業開始。
1991年 平成3年 商号を大八化学工業株式会社と改称。
1993年 平成5年 福井工場、操業開始。
1998年 平成10年 シンガポール駐在員事務所開設。工場物流部門を大八メンテナンス株式会社に分社化。(H25年4月.大八化学工業株式会社に吸収合併)
1999年 平成11年 布施工場閉鎖。
2000年 平成12年 現地法人としてダイハチケミカル シンガポールを設立。
2002年 平成14年 香港駐在員事務所開設。
2004年 平成16年 香港駐在員事務所を上海に移転。上海駐在員事務所を開設。(H25.4月 閉鎖)
2005年 平成17年 現地法人として大八化工( 常熟 )有限公司、操業開始。
2011年 平成23年 創業地である東大阪市に、大阪技術開発センターを開所。
研究開発関連部門を集約。
2017年 平成29年 設立80周年を迎える。