日本語 | English

ホーム > 企業情報 > 労働慣行と人権に関する方針

労働慣行と人権に関する方針

労働慣行と人権に関する方針

  1. 1.基本的な人権の尊重
    • 企業活動のあらゆる場面において、個人の多様な価値観を認め、一人ひとりの人権を尊重・擁護します。 また、国籍、市民権、人種、皮膚の色、信条、宗教、家系(民族)、婚姻の有無、性別、障がい、年齢、性的指向、出生地、社会的地位、その他各地域の法令で定めるもの等、いかなる事由による差別もその他の人権侵害も行いません。
  2. 2.ハラスメント行為の禁止
    • 性別・地位などを背景にした、相手の尊厳を傷つけ不快感を与える言動等、その他一切のハラスメント行為を行いません。
  3. 3.労働における基本的権利の尊重
    • 労働者の団結権、団体交渉の権利など、労働基本権を尊重し、常に従業員と誠実かつ積極的な対話を通じて、労使の協力・信頼関係の構築及び問題解決に努めます。
      また、従業員が安全に業務に従事できる職場環境の整備を推進し、それぞれの持つ能力を最大限発揮できるよう、様々な人材育成プログラムや公正かつ適正な人事評価制度の構築を図ります。
  4. 4.児童労働、強制労働の禁止
    • すべての国、地域において一切の児童労働、強制労働を行いません。
  5. 5.ステークホルダーへの展開
    • これらの人権を尊重・擁護する取組みは、全役員・従業員に適用するだけでなく、関連するステークホルダーに対しても協力を求め、人権が尊重・擁護される社会の実現に貢献していきます。