日本語 | English

ホーム > 環境・安全 > 労働安全衛生・保全防災への取り組み

環境・安全

労働安全衛生・保安防災への取り組み

「環境・安全・健康」の確保を主眼とするレスポンシブル・ケアの基本方針に基づいて、当社では、労働安全衛生・保安防災および化学品安全に積極的に取り組んでいます。

労働安全衛生マネジメントシステム

当社では、品質管理、環境管理に引き続き、2004年5月より当社版・労働安全マネジメントシステムを導入しました。このシステムの導入により、従来の安全衛生活動に加え、職場における潜在的危険要因を事前に特定し、その要因の除去・低減を図って災害の未然防止をめざしています。この活動を通して継続的な改善活動を推進することにより、安全で健康的な職場づくりに取り組んでいます。

化学品の安全管理

SDSの整備と活用
当社の製品を安心してお使いいただくために法令でデータシートを発行することが義務づけられている製品だけでなく、当社すべての製品についてSDS( 製品安全データシート )を作成し、お客様に提供し環境安全衛生に役立つようにしております。なお、当社製品のSDSはこちらから閲覧、またはダウンロードすることが出来ます。
GHS導入への取り組み
当社では国内法はもとより国際的な調和へ向けた取り組みの一環として、2006年12月よりGHSの導入に伴い、労働安全衛生法の表示対象物質のラベル表示や安全データシートの作成を行っています。
イエローカードの整備と活用
当社では、輸送中、万一の事故が起こった場合、迅速に対応できるように( 社 )日本化学工業協会の指針に沿ったイエローカードを作成し、製品を輸送する運転手に携帯するよう指導し、物流の安全を確保しています。